三井住友カードローンの金利を徹底解説

銀行系カードローンを利用するのであれば、サービスが充実しているところを選択したほうが経済的メリットを享受できるので有利ですよね。そしてカードローンのサービスが充実している銀行の特徴として消費者金融と業務提携していることがあげられます。なぜならキャッシングサービスを昔から提供している消費者金融のノウハウを取り込むことができるので、より質の高いサービスを利用者に提供できます。

そして最大手銀行の一つにあげられる三井住友銀行は消費者金融のプロミスと提携しているので、利用者を満足させるカードローンサービスを提供しています。そのため銀行系カードローンを利用して借入する場合はこの銀行も一つの選択肢になってくるでしょう。

そこでこれから借入をしている人はいかに返済額を低くできるかを気にしている人が多いので、三井住友銀行カードローンの金利がどのようになっているのかを他社と比較しながら見ていきたいと思います。

三井住友カードローンの金利の詳細

三井住友カードローンで借入をする場合に適用される金利は以下のとおりです。

設定限度額が100万円以下の場合        年12.0%から14.5%
設定限度額が100万円超200万円以下の場合  年10.0%から12.0%
設定限度額が200万円超300万円以下の場合  年8.0%から10.0%
設定限度額が300万円超400万円以下の場合  年7.0%から8.0%
設定限度額が400万円超500万円以下の場合  年6.0%から7.0%
設定限度額が500万円超600万円以下の場合  年5.0%から6.0%
設定限度額が600万円超700万円以下の場合  年4.5%から5.0%
設定限度額が700万円超800万円以下の場合  年4.0%から4.5%

そして三井住友銀行と並ぶ最大手銀行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローンの金利との比較ですが、まずみずほ銀行の場合は一般の人に適用されるコンフォートプランの金利が年4.0%から14.0%なので、若干高くなっています。ただ最も多いであろう借入の設定限度額である100万円以下の場合、額によっては年12.0%が適用されることもあるので、一概に高いとは言えません。
次に三菱東京UFJ銀行のバンクイックの金利は年4.6%から年14.6%となっていて、最低、最高とも三井住友カードローンよりも高めとなっています。またバンクイックは三井住友カードローンと同じ幅を持たせた金利の定め方をしています。そして100万円以下の場合の設定限度額では三井住友カードローンのほうが低金利ですが、設定限度額が300万円から500万円単位で見るとバンクイックのほうが低金利になっています。今すぐお金を借りるなら三井住友カードローンが審査スピードも早いのでオススメです。